原料提供
姫マツタケ

HOME > 原料提供 > 姫マツタケ

姫マツタケとは

学名

アガリクス・ブラゼイ・ムリル

和名

ヒメマツタケ(姫マツタケ)

姫マツタケは300種以上あるアガリクスの中の固有の茸です。 元三重大学医学部薬学部の伊藤均薬学博士医学博士により研究が行われ有効性安全性を確立し、正式学会をはじめ様々な専門誌に約30年研究成果発表を行ってきました。 姫マツタケの研究発表は1980年が1番始めでした。当初はアガリクス・ブラゼイという学名で発表をしておりました。

しかし、茸は菌株・栽培地・栽培方法により茸に含まれる成分も異なるため1982年からヒメマツタケという和名で発表するようになりましたが、いつの間にかアガリクスという言葉のみが一人歩きを始め、茸であるということでヒメマツタケもアガリクスは【アガリクス茸】と呼ばれるようになってしまいました。

しかし姫マツタケの研究成果は、岩出101株・ITO-S株という固有の菌株で得られたもので、他のアガリクスの菌株の研究内容ではなく他社製品や原料には当てはまりませんので類似品にはご注意ください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。



保護コンテンツの閲覧について

コンテンツをご覧になる場合は下記メールフォームにてお問い合わせください。後日スタッフよりパスワードを送らせていただきます。

必須お名前 入力例:健康 太郎

 

お名前をご入力ください

必須メールアドレス 入力例:kenko@pawafuru.co.jp

 

メールアドレスを正しくご入力ください

会社名 入力例:パワフル健康食品株式会社
備考

必須項目をすべてご記入ください
フォームトップに戻る

プライバシーポリシー

お客様よりお預かりした個人情報の安全管理はサービス提供会社によって合理的、組織的、物理的、人的、技術的施策を講じるとともに、当ショップでは関連法令に準じた適切な取扱いを行うことで個人データへの不正な侵入、個人情報の紛失、改ざん、漏えい等の危険防止に努めます。

  • 品質・安全性

    • アガリクス・ブラゼイ協議会
    • 霊芝
    • newsbanner
    • factorybanner